協同組合広域情報センターでもカードが作れる

○協同組合広域情報センターとはどんな組合か

協同組合広域情報センターは兵庫県に所在しています。中小企業等協同組合法の元で、行政に認められて設立されたのが、協同組合です。中小企業が組合事業を通して、競争力を保つことなどを図り、経済的な地位を向上させることが目的となっています。その業務の1つが、燃料カード共同利用事業です。組合員が使うガソリンカードを組合を通して貸渡しをして、事務的な作業の代行も行うこととなっているのです。そのガソリンカードの中に、ENEOS BUSINESSが含まれているというわけです。

○ENEOS BUSINESSの利用限度額

協同組合広域情報センターのENEOS BUSINESSは、山文商事株式会社の発行になります。入会にあたっては、トヨタファイナンスの厳しい審査があります。利用限度額はカード10枚までは1社で50万円となり、11枚以上になると1社で枚数×5万までとなっています。必要書類は、ENEOS BUSINESSの入会申し込み書と、法人の事業実態等が確認できる書類、代表者もしくは取引の担当者の本人確認書類を、それぞれ1通ずつです。利用するにあたっての経費(入会金など)は一切かからない点がメリットです。

○利用状況はWeb上でも確認

申し込みの手続きが終わりましたら、申し込み書類を提出して約1カ月後ほどでカードが発行されます。この際、組合員となっている法人にトヨタファイナンスから直接届けられます。書面やWeb上で利用金額の確認ができるようになり、Web上ではデータのダウンロードや加工、そして保存などが可能です。法人での利用合計金額、車両それぞれでの利用額や使用した年月日、どこで使用したのかなどの詳細も確認できるようになっています。支払いについては、毎月末日締めで翌々月の2日に口座振替になる方法と、毎月20日締めであり翌月17日の口座振替とがあり、都合にあわせてどちらかを選ぶことができます。